FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「不倫や浮気は本能的欲求に基づいた行動だからいけない。
人間には理性があるのだから。」

テレビのコメンテーターはそう言うけど、

本能的欲求に従って、色んな女性とセックスして、
それでもやっぱりお前がいいって言っていただけたら、
そんなに嬉しいことはないんじゃないかと思います。

だから、頑張っていい子にして、自分を磨いてお待ちしていたいと思うのです。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

だいぶ間があいてしまいました。
心配してくださり、コメントやご連絡くださっていた方々、大変申し訳ありませんでした>_<

奴隷をやめてしまったのでは、とご心配頂いた方もいらっしゃいましたが、私が奴隷をやめるときは死ぬときです。
なので、ご安心ください(^_^)

この数ヶ月間、変わらずご主人さまの奴隷として飼って頂いておりますが、以前から探しているご主人さまにご紹介させて頂けるお友達がなかなか見つからず…
お恥ずかしいながら、その点では成長がなく、自分自身でも落胆しており、なかなかブログも書けずにおりました。

周りの友達にもなかなかおらず、ネットを使って探そうとしても思う通りにはいかず、ただただ時間だけが過ぎていく、そんな焦りの中に常にいるような状況でした。

そんな中仕事も忙しくなり、だんだんとそれを言い訳にして逃げようとしている自分がいました。

まだまだ弱くて情けない自分…
けど 焦っても逃げても何にもならないので、根気強く探すしかないですね(^^;;
私はご主人さまと一緒に全く新しい世界が見たいのです。

ご主人さまは最近はセフレの子の動画を見せてくださったり、どんな子でいつお会いするのかなど色々と教えてくださります。
それは私がへんに嫉妬しないと信じてくださっているからではないか、と自分なりに解釈してひっそり喜んでいます(o^^o)

けど、やはりいつでも全く嫉妬しないというのはなかなか難しいですね。
私は元来自分に自信のない性格で、ご主人さまに飼って頂いてからやっと自信が持てるようになりました。
それでもまだ自信がない自分が顔を覗かせたときは嫉妬のループに飲み込まれてしまいそうになります。

そんなときは色んな立場から物事を考えるようにします。

セフレの子の立場に立ったらどうなのか。
ご主人さまの立場に立ったらどうなのか。
そもそも自分の望みは何だったか。

そう考えていくと、するすると絡まった糸が解けていくような感覚がするのです。

私はご主人さまと唯一無二の関係を築きたいのです。
本当に心から愛する人を見つけ、その人にとっての掛け替えのない存在になりたいーーー

それが私の昔からの、そして今も変わらない望みです。
その望みが叶えられている今、とても幸せな世界にいるのだということをいつも感じています。

だから、もっと頑張ろうと思います。

ご主人さまが撮ってくださったお写真。
とてもお気に入りです♡
20151227141350cbf.png





友達と話していると、人によって価値観は様々だなぁと感じることはたくさんあります。
とりわけ、セックスについては人によって大きく異なっていて、普段他の人がどうしているかなんて、なかなか知ることがないからこそ、聞いてみるのは楽しいものです^ ^

でも、他の人の話を聞けば聞くほど、私の中でのセックスの重みは通常より重いということを実感します。

ご主人さまに使って頂けるのはとても幸福なことです。
ご主人さまから頂くたくさんの悦びは心にも身体にも深く刻み込まれていて、もしもご主人さまに使って頂けなくなってしまったら、おかしくなってしまうと思います。

なので、ご主人さまに使いたいと思って頂けるよう、いつも必死ですし、ご奉仕も、ご主人さまに気持ちよくなって頂きたい一心で、毎回勉強しながらさせて頂いています。

他の人のお話を聞いていると、そこまでセックスを重要と考えている人は少ないように感じます。

恋人同士なら、それでもいいのかも知れません。

ですが、私は奴隷です。
ご主人さまの性欲の処理のために存在していることを考えれば、ずっと使いたいと思って頂けるように努力し続けることは当然のことです。

ずっと努力する、というのが一番大変だと思います。

それでも、そうしたいと思わせてくださるご主人さまにお会い出来たことが何よりも幸福なことなので、ひたすら頑張るのみなのです(*^_^*)


私は人一倍不安定で弱いのかなと思うときがあります。
ご主人さまは、こんな私を諦めないで飼ってくださって、本当に書き現わせないくらいの感謝の気持ちと、いつまで経ってもダメな自分が存在し続けていることに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

つい先日も、体調を崩し続けて気持ちまで弱ってしまって、ご主人さまにご迷惑をお掛けしてしまいました。
いつか使えなくなっても、愛してもらえますか、なんて、自分の立場を理解しているならば聞いてはいけないようなことをお聞きしてしまいました。

お仕事もお忙しいのに、わざわざお時間を作ってくださったご主人さまにとても失礼なことをしてしまいました。

たとえ使えなくなっても、使って頂けるように最後まで頑張ろうとすることこそが大切なのに。


ご主人さまがいないと私は生きていけません。
ご主人さまは、私がいなくても生きていける強い人ですが、それでも私をそばに置いてくださっています。

唯一無二の関係だからこそ、甘えてはいけない関係。

ずっとつきまとう甘えた気持ちは、いい加減手放さなければ。




ご主人さまにお会いさせて頂けるときは、いつも一分一秒でも早くお会いしたくて、許される範囲でお迎えに行かせて頂きます。

ご主人さまをお待ちしているお時間は、当然日によってまちまちですが、会って頂けるのが嬉しくて、ずっとソワソワしながらお待ちしています。

そんな私を通り過ぎていく人たちがチラチラ見ているのもわかります。
多分それだけキョロキョロご主人さまのお姿を探している姿が挙動不審なのかな、とも思いますが気にならないです(*^_^*)

いらっしゃると思っていたお時間にご主人さまのお姿がないときでも、もうちょっとしたら、次の電車に乗っていらっしゃるかも、と思ってドキドキしながらお待ちしています。
きっと忠犬ハチ公も同じ気持ちだったんじゃないかな、と想像します。

もうすぐ大好きなご主人さまにお会い出来る!もうちょっとお待ちしていたら、きっと…
と、ご主人さまにお会いさせて頂きたい一心で待ち続けて死んでしまったハチ公を、不幸で可哀想だという人もいるかもしれません。

でも、大好きなご主人さまを信じて待ち続けて一生を終えられるなんて、とても幸せなことだと私は思います。

私も、大好きなご主人さまにお会いさせて頂けることにドキドキしながら、ずっと待ち続けていたいと思うのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。