FC2ブログ
こんにちは^ ^
お読み頂き、ありがとうございます>_<

以前、私の過去のお話について書いてほしいというお声を頂いておりましたので、本日はそちらについて書かせて頂きたいと思います。
だいぶお時間が経ってしまい、申し訳ございません;_;

過去について、何度か書かせて頂こうとしたのですが、どうも上手く書けなくて…
全体的に記憶がぼんやりしているのは、ご主人さまにお会いさせて頂くまでの私が、生きる屍だったことの証だと思っています。

中学の頃から電車通学をしていたせいか、痴漢に遭うことがとても多かったです。
目の前で露出してくるおじさんを見ながら、何がしたいのかよく分からないので、放っておいた記憶があります。

高校に上がると、世は援交ブーム(-_-)
街を歩けば狂った大人たちが「○万円でどう?」「何もしなくていいから、ひとりでするところ見てくれない?」と話し掛けてきます。
当然無視しますが、とにかく「いい大人なのに、気持ち悪い」とすごく嫌な気分だけが残ります。

その当時初めて彼氏が出来て、初めてセックスも知り、単純な好奇心と見栄で早く大人になりたいと思っていた私の感想は「こんなものか」というごくごくあっさりした感想でした。
その彼氏も突然連絡が減り、ある日「ほかの女の子とキスしちゃったからもう付き合えない」とメールが来ておしまいでした。
今考えれば、ただやりたかっただけなのだろうな、となんとも分かりやすいお話ですが^^;

そんなこんなで、幼いながらに男性には憎しみにも似た不信感を抱くようになります。

高校、大学で誰と付き合っても本当に好きという気持ちは分からず…

ただ、心のどこかで、男性全般に不信感を抱きつつも漠然としたこの寂しさを埋めてくれるのも、同じく男性だけなのだろうと思いながら過ごしていました。

だけど、どんなに優しくされても尽くしてくれても、寂しさは消えない。
次第に自分は、人を愛することの出来ない欠陥人間なのだと思うようになります。
いつかはちゃんと人を愛したい…

そんな中で、結婚しようという男性に出会います。
「結婚したら、本当の愛がわかるのだろうか、多くの人々がまるで人生のゴールのように、幸せの象徴のように言うけれど、それは一体どのようなものなのだろうか」ときちんと意味も分からないまま結婚をします。

それでもやっぱり愛することは出来なくて、絶望の中ご主人さまに出会います。

ご主人さまにお会いさせて頂いてからは急速に世界が変わります。

離婚をしたら両親が悲しむことも分かっていましたが、気持ちがないまま夫と暮らすことは不器用な私にはどうしても出来ませんでした。

とても軽率だと、今でも批判されることもあります。

それでも止められませんでした。

離婚をして、一人で暮らすことになっても、ご主人さまの奴隷でいさせて頂けるなら後悔もなく幸せだと、確信していたのです。

ご主人さまにも、こんな破天荒な奴隷でたくさんご迷惑をおかけしてしまいました…
それでも見捨てずに、今も飼い続けて頂いて、本当に器の大きな方だなといつも思います。

ご主人さまに本当の愛と幸せを教えて頂いて、私は今すごく満たされた世界で生きています。
そんな感謝しても感謝しきれないほどのご恩があるご主人さまに、心から喜んで頂きたい、その一心で早く成長しようと頑張る毎日です(*^_^*)

スポンサーサイト
[PR]

ご主人さまにホッチキスで遊んで頂きました
犬と戯れる際の正しいホッチキスの使い方について書かせて頂きたいと思います(*^_^*)

♡まずは犬にオナニーさせましょう^ - ^
犬が気持ちよさそうになってきたら、ご主人さまのお好きな場所にホッチキスを近付けます。
2014.05.09-2.

♡犬が怯えたり怖がる素振りを見せても気にせず続けてあげてください。
犬は嬉しいのです(*^_^*)
2014.05.09-3

♡ご主人さまのお好きな場所にお好きなだけ、たくさんホッチキスを刺してあげてください。
ご主人さまが楽しんでくださることが、犬にとっての大きな悦びです♡
2014.05.09-4

♡いれてあげると更に悦びます。
大喜びでいってしまいます。
2014.05.09-1

♡いれながらほかの場所にもたくさん刺してあげてください。
胸や舌は柔らかくてなかなか刺さりにくいです;_;
2014.05.09-6
2014.(5.09-7

♡お気に召すまま刺し続けて犬の中にも出し終えて、ご主人さまの性欲処理が終わりましたら、犬に自分でお片付けさせま しょう^ - ^
2014.05.09-8

♡全部とれました♪
2014.05.09-9

いかがでしたか^ - ^?
私は自分で書きながらも思い出してドキドキしてしまいました;_;
ホッチキス以外にも、ご主人さまに楽しんで使って頂ける道具があれば探してみたいなぁと思っております。
やっぱりご主人さまに喜んで頂けることが犬にとっての生きがいなのです。



こんにちは(*^_^*)
随分久しぶりの更新となってしまいました…

以前3Pの際にお会いさせて頂いた女の子からご連絡があり、先日2人で遊ぶことになりました。
ご主人さまがいらっしゃらない場で、ご主人さま以外の方とえっちなことをするなんて、と無駄にオロオロしてしまい、心細さすら感じていました。
ですが、これも経験!
きっとまた新しい視点が持てると信じ、前向きな姿勢でお会いさせて頂くことにしました。

女の子と会ってしばらくはお話をして…
女の子同士だと話は尽きないですし、楽しくなってしまい、たくさんお話してしまいました♡

緊張もほぐれたところで、いよいよベッドへ…

キスしても、胸に触れても、女性特有の柔らかさが気持ち良くて、お互いに服を脱いでその女の子の乳首を舐めさせて頂きました。
とっても敏感に声をあげて反応する姿が可愛くて、下のほうに触れたらもうびしょびしょになっていました。
思わず舐めたくなってしまい、クリトリスを舐めさせて頂くと、更に気持ち良さそうに反応してくださるので、嬉しくなってしまいました(*^_^*)

もっとたくさん反応して欲しいなと思い、指を中に挿れさせて頂くと、強く締め付けられて中がビクビクするのがわかりました。
一緒にクリトリスも舐めながら中の指も動かすと、いってしまうのがわかりました。

その後また舐め合いっこして、その子も私も何回もいってしまいました>_<

女の子と2人だけでえっちさせて頂くのは初めてだったので、戸惑いすぎて最初はアタフタしてしまいましたが、すべすべして柔らかい女の子の肌は気持ち良くて、たくさん反応もしてくれて、今女の子としている、という事実にも興奮してしまいました。

それでも常に、ご主人さまとさせて頂くときのことを思い出していて、ご主人さまが恋しくてたまりませんでした/ _ ;

私の心の中心には常にご主人さまがいらっしゃいます。
それはいつ何時も変わらず、揺るぎないものであること。
色んな経験をさせて頂くたびに、その事実を実感します。

ご主人さまにも同じように思って頂けるように、それに相応しい価値のある奴隷になれるように、これからもどんなことにも臆せず、経験を積み、成長していきたいと思っています。