FC2ブログ
何を以って愛するというのか

昔はそんな小難しいことをよく考えていました。

優しくしてくれるから愛されている
喧嘩するから愛していない

いっぱい会ってくれるから愛されている
全然会えないから愛されていない

…色々考えても、どれもしっくりきませんでした。

愛を感じるから愛するといえる。
そんなシンプルな答えでいいんだとご主人さまに飼って頂いて学びました(*^_^*)

先日、ほかの主従関係にある方々と一緒に遊ばせて頂きました^ - ^

お二人とも、とても愛し合っていて、お会いしていてとても幸せな気持ちになりました。

どんな形が愛の正解、とかはやはりなくて、お互いの間に確かに存在する愛というのは周りから見ていても確かに感じるものなのですね。

その日ご主人さまに針で刺して頂いた痕です。
20140621140417efd.jpg

この痕も、私にとっては確かに愛なのです♡
スポンサーサイト
[PR]

こんにちは(*^_^*)
ついに梅雨入りですね>_<
お出かけも億劫なので、おうちでまったり過ごしています^ - ^

もうすぐ父の日が近いので、今日は両親の教えについて書きたいと思います。

母は少し天然でいつも笑っていて、細かいことは気にしない、とても大らかな人。
父はたまに怒るととんでもなく怖いですが、いつもは穏やかで優しく、そしてとても聡明な人。

そんな両親に子どもの頃からいつも教えられてきたことがあります。
それは「本当の豊かさとは?」ということです。

「本当に豊かなことってなんだと思う?」とある日父に問われます。
今でも鮮明に覚えています。
「お金があることかな?」と幼い私は答えます。
「お金があって高級な料理が食べられても、一人だったら美味しいかな?」と父。
「ううん、多分美味しくない。じゃあお金じゃないのかも。もっと大切なことってなんだろうね?」

両親は答えは教えてくれません。
答えは自分で見つけなさいというのです。

この教えがあったからこそ、色んなことの「本当」を知りたいと思うようになりました。
皆が言う幸せは私にとっても本当に幸せなこと?
常識や当たり前って誰が決めてるの?それって本当のこと?
幼いながらに色んなことを考えました。

今思えば、この考え方があったからこそ、ご主人さまに出会えたのだと思います。
私にとって、ご主人さまと奴隷の関係は何よりも本当のものです。
そして、常識や当たり前に縛られていたら成り立たないもの。
本当の豊かさを追って追って、やっと辿り着けた場所。でもまだまだ先があり未来へと続く希望に満ちた場所なのです。
20140607162040387.jpg