FC2ブログ
ご主人さまにお会いさせて頂けるときは、いつも一分一秒でも早くお会いしたくて、許される範囲でお迎えに行かせて頂きます。

ご主人さまをお待ちしているお時間は、当然日によってまちまちですが、会って頂けるのが嬉しくて、ずっとソワソワしながらお待ちしています。

そんな私を通り過ぎていく人たちがチラチラ見ているのもわかります。
多分それだけキョロキョロご主人さまのお姿を探している姿が挙動不審なのかな、とも思いますが気にならないです(*^_^*)

いらっしゃると思っていたお時間にご主人さまのお姿がないときでも、もうちょっとしたら、次の電車に乗っていらっしゃるかも、と思ってドキドキしながらお待ちしています。
きっと忠犬ハチ公も同じ気持ちだったんじゃないかな、と想像します。

もうすぐ大好きなご主人さまにお会い出来る!もうちょっとお待ちしていたら、きっと…
と、ご主人さまにお会いさせて頂きたい一心で待ち続けて死んでしまったハチ公を、不幸で可哀想だという人もいるかもしれません。

でも、大好きなご主人さまを信じて待ち続けて一生を終えられるなんて、とても幸せなことだと私は思います。

私も、大好きなご主人さまにお会いさせて頂けることにドキドキしながら、ずっと待ち続けていたいと思うのです。
スポンサーサイト
[PR]

ご主人さまと旅行に行かせて頂きました。
お仕事とか、何も関係なく二日間も一緒にいさせて頂けたのは初めてだったので、嬉しくてたまらなかったです。

ご主人さまは前日に、ほかの女の子を使われたそうです。
でも、今日は私と旅行だから出さなかったよ、と言ってくださりました。
すごく、愛を感じました。

でも、普通の関係なら哀しむことかも知れません。
楽しみにしている旅行の前日にほかの女の子といるなんて、許せないと思うものなのかも知れません。

「私以外の人としないで」
大切な人にそう願う人は多いでしょう。

だけどご主人さまとの愛情の中でそう思うのは、どこか違うなと思います。

ほかの女の子と過ごしている、と聞いて嬉しいわけではないです。
だけど、ほかの女の子と過ごすことで私をより求めてくださることを私は知っています。

知らない街に行くのはワクワクするけど、だんだんと早く慣れ親しんだ家に帰りたいと思う感情と似ているのではないかと推測します。

だからいつでもご主人さまが帰ってきて、ホッとして頂けるように、おとなしくお待ちしていたいと思うのです。

掲題とずれてしまいましたが、奴隷にとって最も不幸なことは、ご主人さまを信用出来ないことだと思います。

信用出来ないでおとなしくお待ち出来ないのは、死ぬほど苦しいでしょうね、きっと。