FC2ブログ
初めまして、なつきです。
皆様にご挨拶をさせて頂くのは初めてとなります。

わんこのファンの皆様には深く感謝しております。わんこに対して性的な魅力を感じてくれる方、ひたむきで素直なわんこを暖かく応援してくれる方、絵として綺麗だから好きな方、皆様本当にありがとうございます。

少しだけ昔話をさせてください。

若くして結婚していたわんこと出会ったのはもう8年前になります。待ち合わせたのは新宿の南口。
道行く女性の中でも群を抜いて綺麗な女性でした。そして某有名大学の法学部を卒業して有名企業に勤める絵に描いたような才色兼備の女性でした。
しかしその綺麗な女性は寂しさと満たされない遣る瀬無さで光の無い目をしていたのでした。「あぁ、人形みたいな女性だな」これが僕の第一印象でした。
そして鮮烈なまでのMの空気に長年探していた玩具を手に入れたことを確信したのを覚えています。新宿駅南口のエスカレーターの横で初めて会った僕の命令でわんこは人混みの中乳首を晒しました。これがわんこと僕の始まりでした。
僕は奴隷人形として性欲の赴くままにその綺麗な身体を玩具にして遊び、傷付け、処理に使いました。もはや感じた振りもできなくなった旦那とのセックスで汚された身体を僕に汚し直してもらうために通う偽りの生活をしながら自分の居場所を見つけたのでしょう。そして程なく離婚したのでした。わんこはその身体を傷だらけにされながら初めてイクことを覚え、満たされ、自分が存在する意義を知ったのです。それはわんこの暗く閉ざされた心が光を受けた瞬間でした。
色々なカップルがいて、色々なSMがあって、色々な愛が存在する。僕はそのどれも否定はしません。SMにルールは無いと思っています。ただ、わんこと僕が辿り着いた場所がここだったというだけです。
僕はわんこの身体を壊し、血が流れ、あざができて、綺麗な身体に一生消えない傷を付けながら僕も生きている意味を知るのです。
歪んだ愛を受け止めるMの器の大きさを知りながら自分の衝動を抑えられずただ駄々っ子のように…。
身体はただの器であって、その中のモノが欲しくてどうしようもなくて、だから身体を壊したくなるのでしょうか、乱暴に扱ってしまうのでしょうか。
わんこは8年が過ぎた今でもセックスの時に涙を流します。僕のことが愛おしくてその想いで流れるのだそうです。
僕は同じように愛を伝えてあげられません。言葉は偽ることのできるツールでしかないので愛しているとも言えません。だから伝えられないもどかしさで明日もまたわんこの身体を切り裂いて溜まったものを吐き出すために使うのでしょう。
スポンサーサイト
[PR]

最後にブログを書かせて頂いてから半年以上あいてしまいました。
変わらず、ご主人さまにたくさん愛情を注いで頂きながら幸せな日々を送っております。

そして、これからはブログをご主人さまとともに再開させて頂くこととなりました^ ^
ご主人さまと一緒に、というのにとても憧れていたので嬉しいです>_<♡

これからよろしくお願い致します。