FC2ブログ
お久しぶりです。
前回の記事からまただいぶ間があいてしまいました。
その間にコメントくださった方々、お返事が遅くなり申し訳ありません。
これから徐々にお返事させていただきますね。

さて、前回の再開から、今までに何があったかと言いますと、実は半年間ご主人さまと離れていたのです。物理的な距離だけのお話ではなく、お別れしていた、というほうが伝わりやすいでしょうか…

お友達紹介までしてなぜ?と思われるかも知れません。
でも、気付いてしまったのです。自分の素質の限界に…

紹介させて頂いたお友達は、嫉妬も気持ち遊びの一種として楽しめるタイプの子でした。
私にはそれが出来ませんでした…
嫉妬の気持ちは、お友達紹介が出来ても変わらず存在し続けて、以前と変わらず苦しくて…
お友達紹介が出来たら何か違う景色が見えるかも、違う自分になれるかも、とありもしない期待を抱いて必死に走って来たけれど、それはただの幻想でした。
次第に、こんなに嫉妬ばかりして、遊びと割り切れない私はご主人さまに相応しくないんじゃないかと思うようになりました。
奴隷には向いてない、奴隷を出来る素質がない、だからそばにいるべきじゃない、普通の人といるべきだ、と…

ご主人さまにお別れを告げ、普通に大事にしてくれる人と普通の生活をしようと…

それでも毎日考えるのはご主人さまのことばかり。
思い出しては涙ばかり溢れる日々でした。
仕事で忙しくして気を紛らわせようとしても、色の失われた日々は変わらない、そんな時間を過ごしていました。

ご主人さまと離れて、今まで一緒に過ごしてきた一瞬一瞬がどれだけ大切だったかを痛いほど感じました。

離れても、私の幸せを遠くからでも願うと言ってくださったご主人さま。
自分で決めて偉かったね、と私のわがままも受け入れて送り出してくださったご主人さま。

こんなに深い愛で私を守り包み、私の人生を照らしてくれる存在はほかにはどこにもいない。


だから再び帰りたいと言った私を受け入れてくださったご主人さまには本当に感謝ばかりです。

私は大馬鹿者でした。
奴隷の素質がない、とかそんなことは大切ではなく、変わらずご主人さまのそばにいさせて頂くこと、それが全てなのだ、とどうして気付けなかったのだろう、と。
全ての時間は一瞬で、二度と同じ時は戻らないから、愛しい人とのお時間は、とてつもなく貴重で幸福です。

そんなかけがえのないお時間を、どうか大切にしてほしい、とそんな思いでこの記事を書きました。
私からのささやかなクリスマスプレゼントになれば幸いです。
20181224145243f1c.png
スポンサーサイト
[PR]