FC2ブログ
こんにちは^ ^
お読み頂き、ありがとうございます>_<

以前、私の過去のお話について書いてほしいというお声を頂いておりましたので、本日はそちらについて書かせて頂きたいと思います。
だいぶお時間が経ってしまい、申し訳ございません;_;

過去について、何度か書かせて頂こうとしたのですが、どうも上手く書けなくて…
全体的に記憶がぼんやりしているのは、ご主人さまにお会いさせて頂くまでの私が、生きる屍だったことの証だと思っています。

中学の頃から電車通学をしていたせいか、痴漢に遭うことがとても多かったです。
目の前で露出してくるおじさんを見ながら、何がしたいのかよく分からないので、放っておいた記憶があります。

高校に上がると、世は援交ブーム(-_-)
街を歩けば狂った大人たちが「○万円でどう?」「何もしなくていいから、ひとりでするところ見てくれない?」と話し掛けてきます。
当然無視しますが、とにかく「いい大人なのに、気持ち悪い」とすごく嫌な気分だけが残ります。

その当時初めて彼氏が出来て、初めてセックスも知り、単純な好奇心と見栄で早く大人になりたいと思っていた私の感想は「こんなものか」というごくごくあっさりした感想でした。
その彼氏も突然連絡が減り、ある日「ほかの女の子とキスしちゃったからもう付き合えない」とメールが来ておしまいでした。
今考えれば、ただやりたかっただけなのだろうな、となんとも分かりやすいお話ですが^^;

そんなこんなで、幼いながらに男性には憎しみにも似た不信感を抱くようになります。

高校、大学で誰と付き合っても本当に好きという気持ちは分からず…

ただ、心のどこかで、男性全般に不信感を抱きつつも漠然としたこの寂しさを埋めてくれるのも、同じく男性だけなのだろうと思いながら過ごしていました。

だけど、どんなに優しくされても尽くしてくれても、寂しさは消えない。
次第に自分は、人を愛することの出来ない欠陥人間なのだと思うようになります。
いつかはちゃんと人を愛したい…

そんな中で、結婚しようという男性に出会います。
「結婚したら、本当の愛がわかるのだろうか、多くの人々がまるで人生のゴールのように、幸せの象徴のように言うけれど、それは一体どのようなものなのだろうか」ときちんと意味も分からないまま結婚をします。

それでもやっぱり愛することは出来なくて、絶望の中ご主人さまに出会います。

ご主人さまにお会いさせて頂いてからは急速に世界が変わります。

離婚をしたら両親が悲しむことも分かっていましたが、気持ちがないまま夫と暮らすことは不器用な私にはどうしても出来ませんでした。

とても軽率だと、今でも批判されることもあります。

それでも止められませんでした。

離婚をして、一人で暮らすことになっても、ご主人さまの奴隷でいさせて頂けるなら後悔もなく幸せだと、確信していたのです。

ご主人さまにも、こんな破天荒な奴隷でたくさんご迷惑をおかけしてしまいました…
それでも見捨てずに、今も飼い続けて頂いて、本当に器の大きな方だなといつも思います。

ご主人さまに本当の愛と幸せを教えて頂いて、私は今すごく満たされた世界で生きています。
そんな感謝しても感謝しきれないほどのご恩があるご主人さまに、心から喜んで頂きたい、その一心で早く成長しようと頑張る毎日です(*^_^*)

スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
わんこさま

誰でも生きると言うことに
何かが起きながら生活しています。
出逢いと別れも。終わりが始まり。

心をイッパイにしてくれる出逢いに
感謝ですかな?
前へ前へ。それでイイだけです。
2014/05/19(月) 05:34 | URL | うさぎ #-[ 編集]
こんにちは
こんにちは
要望にお応えいただき、ありがとうございます

人にはそれぞれ色々な人生があり、
気付いたり修正するのに時間がかかります
自分らしさを築くことができたことは
素晴らしいことだと思いますよ
本当に良かったですね
2014/05/19(月) 21:55 | URL | coord #-[ 編集]
Re: タイトルなし
うさぎさま

コメントありがとうございます(*^_^*)
お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません>_<

誰にとっても、端から見てどうか、より自分自身が幸せかどうかなのでしょうね。

幸せを感じられる心をご主人さまに教えていただきました。
2014/05/24(土) 17:04 | URL | わんこ #-[ 編集]
Re: こんにちは
coord様

コメントありがとうございます(*^_^*)
記事のUPも、お返事も遅くなってしまい、申し訳ありません。

ご提案頂いた過去のお話を書かせて頂くことで、自分の中でも過去が整理が出来て、今の幸福について更に考えることが出来ました。
このような機会を与えてくださり、本当にありがとうございます>_<

自分の人生は自分のもの。
他人と比べる必要なんて、どこにもないですものね。
2014/05/24(土) 17:11 | URL | わんこ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/11/03(土) 07:20 | | #[ 編集]
管理人宛にコメントくださった方へ
コメントありがとうございます!
お久しぶりです。
コメント頂いてからお時間経ってしまいましたが、今も同じ状況でしょうか…
気に病みすぎずに、お二人でお互いのお考えやお気持ちを話し合われることも大切だと思います。
どうかご無理なさらずです…>_<
2018/12/24(月) 15:04 | URL | わんこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック